池袋には西口に14軒のソープランドと東口に2軒のソープランドがあります。

最近その内の一店舗は休業になったと聞きましたので、増えることはなく、横ばいか減っていく運命にあるのがソープランドの実情です。

池袋と言えば街全体がどことなくいかがわしい雰囲気を醸し出してはいますが、意外に風俗店はそのイメージほど多くはなく、それぞれ街の中心地よりも少し離れた場所に隠れて密集している感じです。

駅前の派手な広告やネオンのお店のほとんどはカラオケやアパレルブランドのファッション系のショップが中心で、あってもパチンコ店やファーストフードのお店などが目につきます。

池袋のソープランドで下着姿の風俗嬢が現れた

しかしちょっと裏路地に入るとそこには風俗店がひっそり営業していて、昔ほど派手に呼び込みしていたり、堂々と営業していないことがわかります。

西口をでて北口に近づけば近づくほどどんどんいかがわしい雰囲気のお店が増えてきて、夜になると黒服なお兄さんやガールズバーやキャバクラの女の子みたいな人たちが街に溢れかえっています。

そしてそこに仕事帰りのサラリーマンやOLの団体や、既に出来上がっている中年がごった返しているので、その活気のある雰囲気には圧倒されます。

そんな賑やかな喧騒につつまれている池袋北口の西一番街や、その先のトキワ通り周辺には多くのソープランドが密集していて、トキワ通りは池袋の中でももっとも風俗街エリアと言えます。

しかも街全体が風俗街という訳ではなく、飲み屋やパチンコ店など、さまざまな賑やかなお店に囲まれた中に点々と存在しているので、飲み屋を物色しているような状況でさりげなく風俗店に入ることも出来ます。

もし万が一ここをウロついているところを見られたとしても「飲み屋を探してて……」とか言い訳できるので便利ですー(笑)

そして万が一、お店に入る瞬間を見られたとしても、周りは飲み屋街なので、酔っ払って2軒目行こうとした時に間違えて入ったお店がソープランドだった、プレイはしていない!などと苦しい言い訳をすることも可能ですー(笑)

しかしそんな池袋に多数点在するソープランドも、もしかしたらあと数年で池袋から姿を消すかもしれないという情報を耳にしたことがあります。

一体なぜ、池袋からソープランドが姿を消してしまうのかというと、実は過去にもソープランドが街から排除されてしまうという状況が何度か起きているからなのです。

その過去にソープランドが街から排除されたタイミングというのはどういうことが起きたのかと説明しますと、1964年東京で開催された東京オリンピックの際に、世界中から集まる人たちに日本の良い部分を見てもらおうという考えのもと、風俗店を無くして街の風紀を浄化しようということになったそうです。

そしてこの東京オリンピックに向けた取り組みで、1959年に風俗営業取締法が風俗営業等取締法に改定され都の条例が施行されたという経緯があります。

また、大阪でも1990年「国際花と緑の博覧会」が開催されるというタイミングで警察の浄化作戦が決行され、大阪にあったソープランドは全て摘発され、大阪にあったソープランドは1軒残らず閉店へ追い込まれたという出来事がありました。

なんとこれによって大阪は東京に次ぐ大都市でありながら、ソープランドが1軒も無いという凄い街になってしまい、実際に今も大阪にはソープランドは存在しません。

つまり、2020年に開催が決定した東京オリンピックによって、池袋でもソープランドを廃業に追い込む浄化作戦が決行され、池袋の街からソープランドが姿を消す可能性があるとみている人も多いみたいです。

というのも、過去に東京でも大阪でも実際にソープランドが摘発されて消えていった過去があるので、今回もまた、2020年の東京オリンピック開催に向けて、そういう動きがあってもおかしくないというのが専門家の見方のようです。

池袋は吉原ほどではありませんが、それでも数多くのソープランドがひしめく風俗街が存在します。

他の風俗店と違って合法的に本番行為を行えるということでいつの時代も人気の高い風俗です。

足がすごく細い女性の下半身画像

しかし、これが2020年の東京オリンピック開催に向けて無くなってしまった場合、ソープランドに行くためにはわざわざ東京以外の街に行かなければ「ソープランドが都内には存在しない」という日が現実としてくる可能性もゼロではありません。

そうなってしまった場合、今みたいに気軽に池袋でお金を払えばかわいい自分のタイプの女の子と気軽に本番行為を行えなくなる可能性もあります。

しかも池袋にあるお店は相場よりも安めのお店が多いので、安くてかわいい女の子と遊べるのも池袋のソープランドの特徴です。

そんな池袋のソープランドが池袋から姿を消してしまった場合、他のエリアでは今の池袋のソープランドのクオリティを味わうことは不可能だと思います。

特に激安店でもあのクオリティはさすがの一言です!

なぜなら、池袋のソープランドは池袋と言う立地と、池袋に集まる幅広い女の子の層で構成されているので、無くならないうちに楽しみたいと思います。

しっかり楽しむためにシアリスやバイアグラなどのED治療薬も使ってみます。

池袋駅北口と言えば風俗店が多くひしめき合う風俗激戦区ですが、そんな中でも若くてかわいい女の子がそろっていることで人気なのが店舗型のヘルスの「ジェニー」です。人気風俗サイトで見ていても店舗型風俗は根強い人気がありますが、
それは風俗慣れしている人であればそのシステムも熟知しているので、無店舗型でも問題ないと思いますが、全くの風俗未体験の人にとっては、システムも簡単な店舗型のヘルスの方が安心感があると思います。

この「ジェニー」はビル全体が風俗店の多く入っているビルの地下にありますが、向かって左側にある階段で地下まで降り、一番奥にある入口がお店となっています。

池袋風俗街

料金はヘルスコース35分10,800円で、入会金は無料なので、あとからホテル代などかからないこともあって安心です。在籍嬢の年齢層は20代が中心で、その中からタイプの子を見つけてプレイする感じになりますが、何度か行ってお目当ての子ができたら、事前にスケジュールを確認して予約するのも良いと思います。

プレイ内容はディープキス、全身リップ、生フェラ、素股などのヘルスサービスがメインで、口内射精が有料オプションなので、口内射精を希望している人はこのオプションをつけた方が楽しめます。プレイルームはとても狭いので、服を脱ぐのもやっとな感じですが、その分、全裸の二人がイチャイチャするには十分の広さです。

このお店の魅力と言えば当然20代とプレイできるところにあります。

最近では人妻風俗やぽっちゃり系風俗などさまざまなフェチ向けの風俗店が人気ですが、やはり20代の肌は格別で、20代の若いかわいい女の子とプレイする機会がない人にとっては、店舗型のヘルスの「ジェニー」でお金を払うことで気軽に20代の若いかわいい女の子の裸を堪能できるので、常に行列ができる人気店です。

若い女の人の肌は、やはり男性の肌とも30代以降の女性の肌とも違って、何とも言えないすべすべ感が魅力です。

そのすべすべの手で触られるだけで何とも言えない興奮に包まれます。

世の中のブームを作るのは芸能人の発言だったり、テレビ番組の企画だったりしますが、最近では美容の進化によってなのか、食生活が一昔前よりも向上したおかげからなのか、とにかく昔よりも今の人たちの方が見た目は若々しく、綺麗な人が増えています。

もしかすればそれは美容だけではなく、単純に化粧の技術などでそう見えるだけなのかもしれませんが、見た目は綺麗であればほぼなんでもいいという人も多いので、そういう意味では、昔よりも美人が増えたいい時代とも言えます。

テレビでも美魔女ブームというのが番組として大ヒットし、これによって年齢は高いのに全然実年齢よりも若々しい人妻が多数出演していて、あれを見て人妻や熟女もいいなーっと思った人も多かったと思います。

見た目が綺麗で落ち着きがあり、しかも気遣いが出来る人妻に甘えたいという男性は多く、マザコンであれば自分の母親に甘えればいい話ですが、
むしろマザコンじゃない、甘える人がいない「一見マザコンとは真逆」なイメージの男性の方が、人妻ソープなどの人妻風俗にハマる傾向にあると言います。

吉原にある風俗店と言えばソープランドですが、吉原のソープの大半が人妻も働いています。

したがって、人妻風俗と言ってもかなりレベルの高い、一見人妻に見えない若い女性もいますし、品のある熟女を取りそろえた風俗店も多数存在します。

吉原風俗の美人人妻

風俗で働く人妻が増えた背景としましては、やはり女性は職場が限られるので、限られた選択肢で高額なアルバイトと言えば風俗になりますし、手っ取り早いのは吉原の風俗店ということになるのかもしれません。

昔は人妻や熟女と言っても一部のマニア限定だったかもしれませんが、最近では本当に年齢よりも若く見える人妻が増えたことや、人妻や熟女好きな若者が増えたことで、需要と供給もマッチしていて、吉原でも多くの人妻風俗嬢が活躍しています。

しかもその中でも本番行為を楽しめるということで、吉原のソープランドは一番人気なので、是非人妻ソープを楽しむなら吉原に行きましょう!

2020年、東京オリンピック開催が決定した事で新国立競技場の建設問題や、エンブレムの問題などで話題にはなったけど、2020年に東京オリンピックが開催される事で、風俗業界には何か影響はあるんでしょうか?

東京でオリンピックが開催される事によって、多くの外国人観光客が、大勢日本に来ることが想定されますが、そういった外国人観光客をわざわざ受け入れるメリットが特に無いので、そこに向けた取り組みは今のところありません。

外国語が話せる風俗嬢がいるお店であったり、外国人観光客向けの英語サイトがあれば、2020年の東京オリンピックに向けて、売り上げアップを見込めるかもしれません。

しかし、外国語を話せる女の子をわざわざ集めて、新しくサービスを開始するお店は今のところなく、女の子だけじゃなく、外国人観光客に外国語で日本独自の性風俗システムを説明するのも現状難しいので、新たに外国人観光客に対して、わざわざコストをかけてまで取り組むお店は今後も出てこないと思う。

実際に今後、2020年の東京オリンピックに向けて外国人観光客が増えても、売り上げのアップよりも、そこにかかるコストやクレームや料金トラブルといった、デメリットの方が気になるので、今後増加する外国人観光客に対しての対策は、必要になってくると思われます。

スポーツコスプレする外国人風俗嬢

石原慎太郎都知事時代から「歌舞伎町浄化作戦」という活動がありましたが、2020年の東京オリンピック開催に向けて、取締りは強化されていくという報道もありましたが、そうなると歌舞伎町にある風俗店は一体どこに行くんでしょうか?

過去には神奈川県横浜市にある風俗街で有名な「黄金町」で、「バイバイ作戦」という浄化作戦があり、黄金町の置屋街が警察に一斉摘発されました。

これによって黄金町にある風俗店全店舗が閉鎖に追い込まれ、黄金町の売春行為は激減しました。

もしかしたら2020年の東京オリンピックに向けた浄化作戦で、風俗店が激減するかもしれませんし、逆に外国人観光客向けにホームページを外国語対応にしたり、このチャンスで大儲けをするお店も出てくるのかもしれません。

いずれにしても2020年の東京オリンピックで外国人観光客が日本で増えるのは間違いないので、風俗店でもおもてなしが求められるのかもしれません。

風俗には行ってみたいけど、プロっぽい女性が出てきてグイグイ来られたら、一気に萎えそうでお金が無駄だ…

そう感じて風俗を敬遠していた風俗素人に中毒者が続出しているのが今回ご紹介する「白いぽっちゃりさん」というホテヘルで、五反田と鶯谷にあります。このお店の売りとしてはやはり素人っぽい女の子が多いことと、ぽっちゃり体型の女の子が多いというところです。

ホテヘルやデリヘルが呼べば来るというシステムが便利で、鶯谷・渋谷・五反田エリアで良く利用しているし、選ぶ基準は、ウェブ画像検索、特に渋谷のホテヘルやデリヘル嬢はなんかオシャレな感じがあるので、ネットの風俗店情報サイトで偶々この「白いぽっちゃりさん」ってお店を見つけましたね。

この「白いぽっちゃりさん」以外では、渋谷から都内23区を中心にする「派遣女教師」、会員制デリヘル。
妄想OLさんとのセクハラプレイや、痴漢プレイが思い存分できる「e女商事 渋谷店」。
本物の現役看護婦、女子大生、キャビンアテンダント、OLさんの素人娘とあれこれができるのがこの渋谷デリヘル「東京ガールズスタイル」。
24時間営業、本物のアイドル、女優の卵や有名AV女優が在籍する「輝き渋谷店」。
人妻のエロさに堪らない人は「渋谷風俗 奥様発情の会」。
とにかくドスケベの「渋谷風俗 いきなりビンビン伝説」。
名前通り100%素人娘、入会料、指名料ゼロ円「渋谷素人時代」。
渋谷の行列店、人妻専門「渋谷蘭の会」。
ギャルや普通の女の子、風俗嬢っぽくない娘が中心の「渋谷SNOOP」。
出張回春性感エステの「渋谷JAM」。


 今ではネットじゃ、このように色んな女の子がいるらしくて、好みのタイプいくらでも探せるけど、変態プレイやぽっちゃりちゃんが好きな人も失望させない風俗店もたくさんある。

女の子は、男の人が考える痩せているより基準が厳しいので、男の人から見て普通体型や痩せていたとしても、彼女たちの独自の基準で「私はデブだから…」と常に体型を気にしている人が多い気がします。

可愛い風俗デリヘル嬢

そこにきて、今回ご紹介する「白いぽっちゃりさん」に努めている女の子が、みんなそこそこ太っていて、しかし太っているのに顔はそこまで太っていない子が多いので「デブは無理!!」っていう男の人でも、初めの頃はたまたま見た風俗サイトで「白いぽっちゃりさん」の女の子を見つけたことで、意外に思ったよりも顔が太っていなくかわいいことと、Gカップ、Hカップなどの爆乳に惹かれてお店を利用してしまう人も多いみたいですな。

しかも最初はそうやって思ったよりも顔がかわいいとか、胸目的とかそういう上から目線で渋々妥協してお店を利用した人たちのリピート率が尋常じゃないのもこのお店の特徴です。

断言します!!

デブが嫌いという人たちも、このお店に行ったらみんなぽっちゃり好きになってこのお店のリピーターになりませぇ~(笑)

そう言い切れるのも、見た目が体型とのギャップで、いわゆる体型はデブでも顔はデブじゃないというギャップもさることながら、ぽっちゃりな女の子ってどうしても地味で引っ込み思案なイメージがあるので、やっても楽しくないのでは?というイメージがあると思うけど、そんなマイナスなイメージがすべて吹き飛ぶことが、誰もがリピーターになる最大の理由!

通常、風俗店に行くと女の子は手コキやフェラや、体を密着させたプレイで気持ち良くさせようと努力し、当然予想通りの快感で最後はスッキリと終るのが普通だと思うけど、今回利用した「白いぽっちゃりさん」ではホテルに入るなり電マをセットされて、

えっ?そんなの使ったことないよ!?って一瞬びっくりしたんだけど、その電マは特に使うことなく、普通の恋人同士のようないやらしく自然なイチャイチャが、こっちが想定している風俗店での流れ作業のようなプレイにならないことで、びっくりするほど興奮するん~(笑)

スッキリして気持ちよく終わったと思ったら、なんとそこで例の電マが登場…(笑)

M男でもないのに、ドSプレイの良さを見せつけられてしまいました。そんな「白いぽっちゃりさん」の通常コースは30分6,000円だけど、色んな意味で期待を裏切るこの素人風俗の良さを凝縮したような感覚は、一度味わったら抜け出せなくなってしまう!

とにかく、ぽっちゃりは恐るべし!!