小学校に入る前、つまり入学前の頃位には、子供も徐々におかしとかおもちゃに興味が出てくるので、だんだん欲しいものが出てくる。

そうすると、何でも買って買ってになるんで、お小遣いとかお金という概念を教える事で、無駄遣いをするとどうなるのか?
欲しくてもお金がないと買えないという事を学んでいく。

お金とは何か?という事について、子供は初めは理解出来ないと思うんで、まずは「お金で物を買える」という事を教える必要があります。

ぬいぐるみに見える貯金箱

一緒に買い物する際に、子供にお金を渡して支払いをさせると、「お金があると物が買えるんだ」と実感させる事が出来ます。

そして小学校の低学年位になってくると、10円は100円より安いとか、物の値段との比較で、お金の価値をわかってきます!

同時にお手伝いをした事によるご褒美でお金をあげる事で、お金が「労働の対価」だという事を理解出来るようになるので、海外だと、お金をただあげるんじゃなくて、掃除をしたりお手伝いをする事で報酬としてお金を得る。
労働の対価が一般的らしいね。

その後は小学校中学年で「毎月のおこづかい制」を取り入れる事で、自分でお金を使いすぎないようにこづかい帳をつけさせたりして、子供にお金の管理をさせる習慣を身につけさせる家庭も増えてくるみたい。

つまりお小遣いを通して教育って事なんだろう!