2020年、東京オリンピック開催が決定した事で新国立競技場の建設問題や、エンブレムの問題などで話題にはなったけど、2020年に東京オリンピックが開催される事で、風俗業界には何か影響はあるんでしょうか?

東京でオリンピックが開催される事によって、多くの外国人観光客が、大勢日本に来ることが想定されますが、そういった外国人観光客をわざわざ受け入れるメリットが特に無いので、そこに向けた取り組みは今のところありません。

外国語が話せる風俗嬢がいるお店であったり、外国人観光客向けの英語サイトがあれば、2020年の東京オリンピックに向けて、売り上げアップを見込めるかもしれません。

しかし、外国語を話せる女の子をわざわざ集めて、新しくサービスを開始するお店は今のところなく、女の子だけじゃなく、外国人観光客に外国語で日本独自の性風俗システムを説明するのも現状難しいので、新たに外国人観光客に対して、わざわざコストをかけてまで取り組むお店は今後も出てこないと思う。

実際に今後、2020年の東京オリンピックに向けて外国人観光客が増えても、売り上げのアップよりも、そこにかかるコストやクレームや料金トラブルといった、デメリットの方が気になるので、今後増加する外国人観光客に対しての対策は、必要になってくると思われます。

スポーツコスプレする外国人風俗嬢

石原慎太郎都知事時代から「歌舞伎町浄化作戦」という活動がありましたが、2020年の東京オリンピック開催に向けて、取締りは強化されていくという報道もありましたが、そうなると歌舞伎町にある風俗店は一体どこに行くんでしょうか?

過去には神奈川県横浜市にある風俗街で有名な「黄金町」で、「バイバイ作戦」という浄化作戦があり、黄金町の置屋街が警察に一斉摘発されました。

これによって黄金町にある風俗店全店舗が閉鎖に追い込まれ、黄金町の売春行為は激減しました。

もしかしたら2020年の東京オリンピックに向けた浄化作戦で、風俗店が激減するかもしれませんし、逆に外国人観光客向けにホームページを外国語対応にしたり、このチャンスで大儲けをするお店も出てくるのかもしれません。

いずれにしても2020年の東京オリンピックで外国人観光客が日本で増えるのは間違いないので、風俗店でもおもてなしが求められるのかもしれません。